No.398 企業会員登録機能の一部仕様変更を行いました|ねじJAPANニュース(メールマガジン)|ねじJAPAN

No.398|ねじJAPANニュース(メールマガジン)

企業会員登録機能の一部仕様変更を行いました

いつもねじJAPANをご利用下さいまして、ありがとうございます。
サイト「ねじJAPAN」の企業会員登録サービスにて、一部仕様変更を行いましたのでお知らせいたします。

■対象
企業種別「ねじ関連企業」に該当する企業様

■仕様変更箇所
企業情報ご登録時の選択項目「取扱い商品種別」の選択可能数

■変更内容
変更前:1つ
変更後:無制限

この度の仕様変更により、複数の「取扱い商品種別」がお選びいただけるようになりました。
ぜひ、利用下さい。

○掲載ページ「事務局からのお知らせ

「ねじメーカー検索数」が、既に昨年の検索数を突破

前号で、企業検索数が昨年1年間の数字に迫っているとお伝えしたばかりですが、企業検索機能の一つである「ねじメーカー企業検索」が既に昨年の検索数を突破!

昨年に比べ、より多くの方が企業情報を検索していることがはっきりと現れています。
ねじJAPANの企業検索機能ですが、検索結果に表示されるのは「ねじJAPANに企業情報をご掲載いただいている」企業様のみ。
増加傾向にある企業検索者の誰かは、御社のような企業様をお探しかもしれません。

企業会員様のご登録は、随時受け付けております。
ねじJAPANホームページから簡単にご登録いただけますので、ぜひご利用下さい。

ねじの学び舎

「旧掲示板 過去記事アーカイブ」から記事をご紹介するコーナーです。
ねじJAPANの掲示板には、ねじに関する質問が多数投稿されています。

質問:熱処理転造後ボルト

一般的には熱処理後に転造すると耐疲労性が向上するとありますが、本件について詳細お詳しい方下記二点について詳細御教示願いたく宜しく御願いします
(1)その原理
(2)具体的な試験データ等の有無
宜しく御願いします

回答

材質にかかわらず、転造すると表面あたりの組織が密になり、引張り強度や耐磨耗性が上がりますね。でも「熱処理後」というのはなぜでしょう?どんな材質ですか?ステンレスですか?それとも炭素鋼ですか?熱処理とは焼入れですか?データをお出しできるかもしれません。一報ください…(省略)

新規掲載企業様のご紹介

株式会社ヤリステ 様[ねじ関連企業](大阪府)
コンベヤ・自動箱交換装置(ケースストッカー)の開発・製造なら、ヤリステにお任せ下さい!当社では、設計・板金・電気・塗装・組立 すべて一貫生産をしております…

株式会社阪村機械製作所 様[ねじ関連企業](京都府)
阪村機械は、ボルトやナット、自動車パーツを成形する“フォーマー”という阪村機械は、ボルトやナット、自動車パーツを成形する“フォーマー”という鍛造機械のエキスパートです。…

株式会社エコー 様[ねじ関連企業](大阪府)
弊社は、2輪・4輪の純正部品(ナット・ボルト)及びアフターパーツナット・ボルトを主力とし、その他プレス部品等、幅広い製品をバレル研磨〜鍍金まで一貫して…

上海ファンチャン工貿有限会社 様[ねじメーカー](大阪府)
上海ファンチャン工貿有限会社は1992年に成立され、付属生産工場(上海特馳金属製品有限会社)上海ファンチャン工貿有限会社は1992年に成立され、付属生産工場(上海特馳金属製品有限会社) は2002年発足、既に日本市場や欧米諸国向け20年以上の輸出経験があります。…は2002年発足、既に日本市場や欧米諸国向け20年以上の輸出経験があります。…

御社も「ねじJAPAN」に企業情報を掲載しませんか?
掲載のお申し込み(企業会員登録)は、随時受け付けております。
ねじJAPANホームページから簡単にご利用いただけますので、ぜひご検討下さい。

企業情報登録のご案内

掲示板への投稿がありました

アルミダイカスト(ADC12)のネジ穴強度について[質問・相談(トルク)]

アルミカスト(ADC12)のM4×10の穴に対して厚さ1.6板をM4×8のネジでトルク5N・mで固定をしています。
当然のことながらネジバカの発生頻度も高いのですが頭のネジが締まりすぎた方々は昔からこうだからと譲りません。
そこで、ネジ穴のせん断強度を計算し数値的に攻めようと考え、ネジにかかるせん断応力を計算しました。
せん断応力:82.87N/平方ミリメートル
しかし、ADC12のせん断耐力(200Mpa)以下でした。
ADC12のせん断耐力が間違っているのでしょうか?
それとも、せん断応力計算が間違っているのでしょうか?

バナー広告掲載受付中!

ねじJAPANでは、バナー広告掲載を随時受付中です。
バナー広告掲載にご興味をお持ちの方は、以下のページをご覧下さい。

ねじJAPANへの広告掲載について

2014/9/29配信